賃貸物件と音楽での楽器

木造で作られている賃貸住宅では、下の階に生活騒音が響いてしまうことが多くありますので、対策が必要です。

木造の賃貸住宅の騒音対策

賃貸住宅では、鉄筋コンクリートの作りをしているものと、木造で作られている住宅があります。木造の賃貸住宅であれば、生活の中で出る騒音のことも気をつけないといけないです。ちょっとした部屋の中を歩く音でも、下の階の人に響いていたり、自分では気がつかない音が伝わっていることも多くあります。下の階の人が気にならない人であればいいですが、気になる人ではクレームが入ってしまいます。そういった不安がある場合には、賃貸を借りる時には、下の階に人がいない1階の部屋を借りるようにした方がいいです。他人からのクレームに精神的に疲れてしまうよりも、下の階に人がいないという状況を作っていくと、対応する事が出来ます。

築年数が古い賃貸住宅でも、生活騒音が壁などを伝わって、他の部屋に響いたりします。意外と気がつかないですが、壁から伝わる音というのは、静かな空間にいると気になるもので、部屋でテレビや洗濯機を使っている時には、わからないですが、実際には壁を通して聞こえていることが多いのです。床の場合には、スリッパの着用やカーペットを利用する事で、音を抑えることが出来て、今では騒音を吸収するクッション性のカーペットもあるので利用するといいです。