賃貸物件と音楽での楽器

賃貸物件でのトラブルで多いのが、転居時の傷などの修繕費用で、契約も含めて、その事を書いてみました。

賃貸物件と修繕費などの対処

賃貸物件で必ず確認しておかなければならないことが、傷や汚れです。何かを借りた場合でも、それを現状のまま返すのが礼儀であり、賃貸住宅でも当然のことになります。特に傷や汚れなどを生活の中でつけた場合には、それを補修して修繕して、できるだけ元の借りた状態にして返すというのが基本になりますが、問題は以前からあった傷や汚れではないかという場合です。そうではないと言っても、証拠がないと水掛け論になり、時間もないことですので、敷金の中から修繕費を引かれて戻されるとうこともあり、そのようなトラブルも多くなっています。使えば古くなるのですから、その場合は修繕の必要はないということですが、傷や汚れはそういうわけにはいきません。

それで大切なのが、入居する前に、荷物を運びこむ前ですが、隅々までチェックをして、写真をとっておき、それも日付を入れることができるものですが、それを仲介してくれている業者の担当の人に渡しておくことが、一番良いように思います。もちろん自分のところにも置いておきます。そうすると自分たちがつけた傷や汚れか、そうでないかがわかります。そうすれば議論の余地がなくなるということになります。また契約時に、どのような傷や汚れまで修繕するかということも交渉しておくべきだと思います。