賃貸物件と音楽での楽器

賃貸物件での音楽を演奏する楽器が使用できるという物件の場合の事情などを幾つかの例から書いてみました。

賃貸物件と音楽での楽器

賃貸物件と音楽での楽器

賃貸住宅では、楽器を使用してもよいという楽器可という物件が時々ありますが、実際は自由にいつでも使えるということではなく、いろいろと制約があるということもあるそうです。大体は音楽に理解のあるオーナーとか、他の物件との差別化のために、防音設備もないのに許可するということになっている場合もあるそうです。その場合には、当然隣近所に音が響きますから、苦情が来ます。そうなると、いくら最初に楽器可となっていても、止められます。そして楽器は使えなくなるということになります。また楽器を使わない人が入居する時にも、楽器可とあった場合には、どの程度響くかも確認しておく必要があります。また楽器の種類もあります。

例えば普通のギターぐらいを想定しているのか、シンセサイザーとかエレキギターとか、バイオリン、ピアノ、その他いろいろな楽器がありますので、入居する場合でも、使う人と使わない人の両方が確認する必要があります。相当防音設備が整っている住宅以外は、時間の制限や、激しい音の楽器は、使えないのが普通です。またオーナーが想定している楽器というのがあり、それ以外の楽器を想定していないこともあるので、自宅での練習は、日本の事情からすると、相当な高額な防音設備を備えた家賃の賃貸でないと難しいのではないかと思います。その点も注意が必要になります。